お問い合わせ
トップページ|尾道薬剤師会について会員薬局会員薬局活動報告学術研修会案内|リンク集会員ページ
薬剤師とは

かかりつけ薬局とは

お薬手帳とは

お宅に伺う薬剤師

学校薬剤師とは

夜間救急と薬剤師





薬剤師の仕事は、患者さんや市民の皆さまを薬や健康食品による健康被害から守ることです。
街の薬局やドラッグストアで薬を購入するとき、病院や医院にかかって薬を調剤してもらう時だけでなく、製薬会社で薬が造られてから、皆様の手に届くまでのあらゆる場面で、薬の保管・管理・取扱には、必ず薬剤師が関っています。

また、それら薬剤師を指導・監視し取り締まる行政側にも薬剤師が働いています。
それは、取り扱いを間違えると薬は、時に大変危険なものになるからです。

薬剤師の代表的な仕事のひとつに「調剤」があります。これは、患者さんひとりひとりに合わせて薬を調合することですが、薬剤師薬を調剤する前に薬剤師さんから、いろいろ聞かれるのは何故でしょうか。

それは、薬剤師には、処方せんの内容に問題はないかどうかを再確認してからでなけれは調剤してはならないことが法律で定められているからです。
つまり 

@薬と症状にくい違いはないか
A飲み方や飲む量は適切か
B合併症などに合わない薬はないか
C同じ種類の薬が重なっていないか
D問題のある薬の組合わせはないか
E以前に合わなかった薬はないか
Fドラッグストアで買った薬や健康食品と飲み合わせはないか

など、お薬手帳や質問票で確認してから調剤します。もし疑問点があれば処方医等に問い合わせ、疑問を解決してからでなければ調剤は出来ません。
薬をお渡しする時は、薬の効果・飲む量・飲み方・注意することを説明します。そしてそれらを薬歴簿(薬局のカルテ)に記録し、次回の参考にします。
次回からは、お薬の効き目はどうか、望ましくない作用は現れてないかを確かめるために、症状や体調の変化をお尋ねしています、また、薬を正しく飲めているか、飲めてないならその理由は何か探り、それぞれの状況に合わせた対策を提案します。
また、手元に残った薬の日数調整や要らなくなった薬の処分を行います。

尾道薬剤師会の薬剤師が行っているさまざまな活動を、左のメニューよりご覧ください。