お問い合わせ
トップページ|尾道薬剤師会について会員薬局会員薬局活動報告学術研修会案内|リンク集会員ページ
薬剤師とは

かかりつけ薬局とは

お薬手帳とは

お宅に伺う薬剤師

学校薬剤師とは

夜間救急と薬剤師





かかりつけ薬局とは、どこの医療機関で処方せんをもらった場合でも、必ずそこへ持っていき、薬をもらうように決めた薬局のことです。 「かかりつけ医」が普段の健康管理や万が一病気になったときの心強い味方だとすれば、「かかりつけ薬局」は薬の面から健康管理をサポートする、皆様の身近なパートナーとなります。

薬局では処方箋の薬を調剤する場合、患者さんごとに薬に関する情報を「薬歴簿(薬局のカルテ)」に記録します。ですから、いつも決まった薬局で調剤してもらったり、市販薬を購入すれば、薬歴簿により使用する薬の記録が一か所にまとめられることで、さまざまなメリットが得られます。

かかりつけ薬局のメリット
かかりつけ薬局

かかりつけ薬局を決めておくと…
●貴方の飲んでいる薬や体質等を把握しているので、以下のような問題を見つけ易くなります

  • 同じ作用の薬の重複
  • 問題のある薬の組合わせ、それによる不都合な症状
  • あなたの体質にあわない薬  
  • 市販薬との飲み合わせ

●処方せんをFAX送信しておけば、ほぼ待たずに薬をもらうことができます
●処方せんを預けておいて、帰りに薬をもらったり、空いている時に来て、ゆっくり薬の説明を受けることができます
●なじみの薬剤師さんは、質問しやすく、相談もしやすくなります

ご注意

処方せんの使用期間は交付日を含めて4日以内です。忘れないよう早めに薬局にいきましょう。